simple digital clock


hobbies


プロフィール

ABEkun

Author:ABEkun
学歴:西新井小学校~六月中学校~東京工業大学附属科学技術高校~道都大学 サッカー暦:15年!! 現在Vファーレン長崎でプレー
趣味:語学、読書、自己啓発、ピアノ、合気道、ウエイト
資格:TOEIC910,日商簿記2級,TOEFL577,英検1級1次突破


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンディエゴ~日本

最近題意に反して、すっかり時々英語のペースになってきてしまった!そこで永らく書いていなかったアメリカから帰国した後の話を書いてみたい。

大学1年の冬、念願のアメリカでの短期留学を果たし、クリスマスをアメリカで過ごし、その年の年末に帰国した。

帰国前の話になるがアメリカのクリスマスで1つびっくりした!12月25日と言えば日本では街に人がごった返しているのに、アメリカでは店なんてほとんどやっていなし、街を歩いてる人もあまり見かけなかった!

大学のサッカー部の練習開始日まで10日間近くあったので、東京の実家でゆっくりすることにした!年が明けて北海道に帰り、留学を斡旋してくれた先生、単位をごまかしてくれた仲間達(笑)にお礼を言いに行った。

そして”せっかく身につけた英語のスキルを落としたくない”と考え、畑中先生(女性の英語講師)の部屋へ行き、いきなり

”せっかく英語少し話せるようになったので、僕と英会話のレッスンを定期的にして下さい”

とお願いした。しかし自分のこの提案は先生にはかなくも却下され、その代りTOEFLというテストの勉強をしようという話になった。

TOEFLとはアメリカの大学に留学する際必要なテストで、667点満点(当時)で採点され、ハーバード大学などのトップ校では600点以上が要求される!

それまでの自分は英語が話せるようになる事にしか興味がなかったが、この日を境にアメリカの大学、または大学院に留学したいと思うようになる。TOEFLというテストの点数次第で、アメリカの大学に留学出来るなんて知らなかった。

畑中さんが”どうせなら誰もが知っている大学にいった方がいいよ”と言っていたので、自分は・・

”ハーバード大学に留学します”と高らかに宣言した。

まぁアホである!無知なせる誇大妄想であった。とにもかくにも大学1年の冬から、俺の英語学習のモチベーションはハーバード大学に切り替わったのだった。

つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiroichiblog.blog20.fc2.com/tb.php/38-3233fd64

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。