simple digital clock


hobbies


プロフィール

ABEkun

Author:ABEkun
学歴:西新井小学校~六月中学校~東京工業大学附属科学技術高校~道都大学 サッカー暦:15年!! 現在Vファーレン長崎でプレー
趣味:語学、読書、自己啓発、ピアノ、合気道、ウエイト
資格:TOEIC910,日商簿記2級,TOEFL577,英検1級1次突破


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

As a tutor.②

昨日の続き!!


俺の塾では多種多様な洋書を使って英語を読む力をつけさせたい。子供が読む本からペーパーバックまで、いつでも貸し出し可能の洋書MiniLiburaryを設置したい!!


あと映画とか海外のニュースとかを使って耳を鍛えたいね!!学校では全くやってないから、かなり差をつけられるハズ!!


文法は6ヵ月で中学3年分を終了させる!!


日記とかを英語で書かせて英作文力もアップ!!卒業までに全員英検準2級を取らせる。


週3回、月謝は2万5000円でどうだ(笑)こんな塾いいねぇ~!!
スポンサーサイト

As a tutor.①

もし自分が塾を開くならば…大学生の頃から、「こんな塾があったらいいな。」って考えてた。


英語専門塾(中学生のみ対象)週3回、1回2時間、(50分×2)定員20名。


授業は、「話す」「読む」「書く」「聴く」「文法+語彙」の5項目にわけて、無敵の英語力を目指す。


各種英語試験にも対応(英検、TOEIC、TOEFLなど)


こういう塾ってほんとに稀で少ない。英会話学校とかはべらぼうに授業料高いし、普通の塾じゃ英語以外にも勉強しないといけないから、どうしてもテスト対策とか文法ばかり。


あと、塾や家庭教師って教材費がかなり高いんだと思う。そりゃ向こうも慈善事業じゃないんだからしょうがない。


けど、今は本屋に行けばいい参考書はいくらでもある。ならわざわざ塾で作らないで、自分の意向にそった参考書を教科書にしてしまえば、かなり教材費は浮く。生徒の親も大助かり。


詳しい授業内容はまた明日(多分)に…

続・独学史

大学1年冬!!

 

俺の勉強スケジュールは

6:00起床

7:30朝飯

9:00家を出て学校へ

16:00部活

18:00部活を終え筋トレ

20:00帰宅

20:30風呂(ちなみに無類の風呂好きなので欠かすことは今でもほぼない)

23:30就寝

 

この間の時間をすべて勉強するとういうものだった!毎日そうだったかというと、大学生だからたまには飲みにいったし、試合後疲れて昼寝することもあったが、例外は極力つくらないように努力した!例外はそのうち習慣になるから!!

 

「1日4時間あることに時間を割いて、それを10年間続ければ、その道の達人になれる」っと教授にあおられ、1日4時間を目安に勉強することに☆

 

アメリカの中学教科書で英語を学ぶ―ジュニア・ハイのテキストから英語が見えてくる (CD book)

アメリカの中学教科書で英語を学ぶ―ジュニア・ハイのテキストから英語が見えてくる (CD book)
(2003/12)
林 功

商品詳細を見る

 

英単語・熟語ダイアローグ1200―対話文で覚える

英単語・熟語ダイアローグ1200―対話文で覚える
(2005/09)
秋葉 利治森 秀夫

商品詳細を見る

 

この気持ち、英語で言えますか?―1000の感情表現をズラッと掲載!この気持ち、英語で言えますか?―1000の感情表現をズラッと掲載!
(2002/11)
峯 慎一

商品詳細を見る

 

超右脳つぶやき英語トレーニング

超右脳つぶやき英語トレーニング
(2003/12/22)
登内 和夫エリザベス・タウンゼン

商品詳細を見る

 

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服
(2004/11)
不明

商品詳細を見る

 

とりあえずこの5冊は1か月で終わらせた!(っと俺の手帳にはかいてある)

 

ネクストステージはもう何度も紹介している!文法書の良書筆頭!!

 

個人的には「超右脳つぶやき英語トレーニング」は良かった!50のユニットを暇な時ぶつぶつ、つぶやいて暗唱してしまうというあやしげな企画だが、英語力、リスニング力ともに向上させてくれたと思う!!リスニングは3倍速までついていて、最初は何言ってるかチンプンカンプンもいいとこだったが、やっていくうちに慣れてきた!!

 

参考書を買っては、終えて、買っては終える

 

これが、終えた参考書が自分の頭に貯金されていくようで楽しかった

何百冊も参考書をやってやろう!!

それが俺の勉強の流れの基盤になっていった!!

帰国後

最近、最初のブログの趣旨から大きく外れていることに気がつき、そろそろコースを修正しようと決めた

 

だいぶ前になるけど、大学1年の冬にアメリカに留学したところまで書いていて・・・今日はその帰国後からの生活について書きたい☆

 

 

大学1年の冬にサンディエゴに短期留学し、卒業後はアメリカの大学院へ留学したいと心底思うようになった!!大学が経営学部だったので、MBA(経営学修士)を目指そうと思った!ちなみにMBAはエリートビジネスマンの称号のようなもので、もちろん年収にも大いに影響をあたえる!

 

 

アメリカの大学に留学するためにはTOEFLという試験を受けなければならない、そして経営大学院に留学するためにはGMAT(英語で数学の問題なども出題される)というテストも受けなくてはいけない!!きち~

 

 

取り敢えず帰国後TOEFLというテストを受けた!!これがふざけたテストで、受験料が15,000円ぐらいかかる

 

まあ腕試し程度に受けたテストだったが543というスコアを記録!!500を超えれば多くのアメリカの大学が受け入れてくれることを考えたならば、まあ上出来!!

 

アメリカの名門大学に入るためには600というスコアがだいたい必要だ!!そこを目指しスタートをきった!!標的はあくまでハーバードと心に決めた!

 

 

よしっ何をしよう????

 

 

まず生活を見直そう☆っと何故か思った!!

どういう勉強法がいいのか研究しようと思った!!

 

頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方
(2005/08)
藤本 憲幸

商品詳細を見る

 

1日は24時間しかない!ならばどこで時間を作るのか?朝やー!!

睡眠を効果的に短くすれば、時間が出来る!!

しかしむやみに短くすればいいってもんじゃないらしい!

頭の中の記憶がきちんと整理されるには6時間睡眠が必要らしい!!

 

あとどんな時間帯になにを勉強したらいいのかも研究を重ねた!!

朝は論理的能力が必要なもの

夜は暗記ものがいいらしい!!

 

大学の冬休みが1月中旬にあけて、そこから3年間にわたる激しい独学の歴史が幕開けしようとしていた・・

 

 

 

 

サンディエゴ~日本

最近題意に反して、すっかり時々英語のペースになってきてしまった!そこで永らく書いていなかったアメリカから帰国した後の話を書いてみたい。

大学1年の冬、念願のアメリカでの短期留学を果たし、クリスマスをアメリカで過ごし、その年の年末に帰国した。

帰国前の話になるがアメリカのクリスマスで1つびっくりした!12月25日と言えば日本では街に人がごった返しているのに、アメリカでは店なんてほとんどやっていなし、街を歩いてる人もあまり見かけなかった!

大学のサッカー部の練習開始日まで10日間近くあったので、東京の実家でゆっくりすることにした!年が明けて北海道に帰り、留学を斡旋してくれた先生、単位をごまかしてくれた仲間達(笑)にお礼を言いに行った。

そして”せっかく身につけた英語のスキルを落としたくない”と考え、畑中先生(女性の英語講師)の部屋へ行き、いきなり

”せっかく英語少し話せるようになったので、僕と英会話のレッスンを定期的にして下さい”

とお願いした。しかし自分のこの提案は先生にはかなくも却下され、その代りTOEFLというテストの勉強をしようという話になった。

TOEFLとはアメリカの大学に留学する際必要なテストで、667点満点(当時)で採点され、ハーバード大学などのトップ校では600点以上が要求される!

それまでの自分は英語が話せるようになる事にしか興味がなかったが、この日を境にアメリカの大学、または大学院に留学したいと思うようになる。TOEFLというテストの点数次第で、アメリカの大学に留学出来るなんて知らなかった。

畑中さんが”どうせなら誰もが知っている大学にいった方がいいよ”と言っていたので、自分は・・

”ハーバード大学に留学します”と高らかに宣言した。

まぁアホである!無知なせる誇大妄想であった。とにもかくにも大学1年の冬から、俺の英語学習のモチベーションはハーバード大学に切り替わったのだった。

つづく・・・

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。